TOP > 秋田犬とは? what is akita-inu

秋田犬とは? what is akita-inu

switch langage
  • 秋田犬について
  • 秋田犬の性格
  • 秋田犬の歴史
  • 秋田犬の健康管理
  • 秋田犬のトリミング
  • 秋田犬の食事
  • 秋田犬を飼う準備
  • 秋田犬を飼う環境
  • 秋田犬の飼い方
  • 秋田犬と旅行

秋田犬(あきたいぬ)について

秋田犬は秋田県が発祥だと言われていますが、正式な読み方は「あきたいぬ」です。

「あきたけん」だと思っていた方も少なくないのではないでしょうか。

土佐犬「とさけん」や柴犬「しばいぬ」、それに四国犬「しこくけん」とは違って「いぬ」と読みます。

秋田犬は世界的にも有名な犬種で、アメリカでも「アメリカンアキタ」という名前で親しまれています。

秋田犬の特徴のひとつはその大きな体でしょう。

もともと狩猟用の犬として使われていたという事もあって、非常に筋肉質な体の作りをしています。

首や足なども他の犬よりも太くて立派です。

反対に、目や耳などは小さく三角形をしており可愛らしい印象を与えます。

頭はとても良く、昔は狩猟用として変われていましたが、最近では番犬として飼われることが多くなっています。

しかし最近ではその数は減ってきているといいます。「あきたけん」と間違える人が多くなっているのもそのせいでしょう。

有名な秋田犬と言えばなんといっても渋谷の忠犬ハチ公でしょう。

駅前で飼い主の帰りをいつまでも忠実に待っていたエピソードは涙を誘うと共に、秋田犬の忠実さを表しています。

ハチ公のエピソードはハリウッドで映画化されたことでも有名です。

秋田犬の性格

秋田犬はどういう性格を持った犬種なのでしょうか。

秋田犬の堂々とした風格には美しさすら漂っており、素朴で最も日本犬らしさを持った犬種と言われています。

もともと闘犬用として品種改良がされてきたので力が強く、時には頑固な面もあるのがひとつの特徴と言えます。

一方、非常に落ち着いた性格で、飼い主の指示は忠実に守るという部分も併せ持っています。

非常に頭も良い犬種なので、家族として一緒に暮らせば、秋田犬は非常に存在感のある素晴らしい家族となってくれるのは間違いないでしょう。

しかし大型犬なので、ちょっとしたじゃれ合いのつもりでも大きな怪我につながってしまう可能性もあります。秋田犬の飼育が条例で規制されているケースもあるほどなのです。

ですから秋田犬を飼う時には子犬の時からしっかりとしつけをしてあげましょう。

でないと大型犬だけに一緒に暮らす事さえ難しくなってしまうかもしれません。

とは言え、必要以上に神経質になる必要はありません。無駄吠え、噛みつきといった基本的なしつけが出来れば大丈夫です。

それに子犬の時からいろいろな場所に連れて行ってあげて、人に慣れさせてあげることも大事です。

キチンとしたしつけをしてあげて、人間社会に上手く適合させてあげれば、凛とした性格の秋田犬に育ってくれる事でしょう。

秋田犬の歴史

渋谷に銅像のある忠犬ハチ公でも有名な秋田犬。

この秋田犬は日本原産の天然記念物に指定されている7種類の犬種のうちの1種になります。

日本犬種はサイズによって、小型犬、中型犬、大型犬と分類されていますが、その中でも秋田犬は大型犬に分類されています。

秋田犬はもともと、秋田県大館地方を中心として猟犬としてマタギに飼われており「大館犬」と呼ばれていました。

この大館犬は本来は中型犬でしたが、日本犬の中で唯一品種改良により大型化され、秋田犬となりました。

この品種改良の背景には当時、大館地方で盛んに行われていた闘犬が関係していました。大館犬を土佐闘犬と戦わせてもなかなか勝てなかった事から大型犬への改良が進められたと言われています。

大型化される過程で、秋田犬にはマスティンやグレートデンなどの洋犬の血が混ぜられました。このことから、秋田犬は洋犬の血が入った日本犬であると言われています。

実はハチ公もその影響で、秋田犬の犬種標準が定めている「立ち耳」ではありません。

しかし秋田犬は大正時代には数が減少し、ほぼ絶滅の危機と言われるほどに衰退してしまいました。

その後、戦後の昭和時代に残っていた犬達での復興と改良が図られて犬種が向上し、現在に至っています。

  • 秋田犬について
  • 秋田犬の性格
  • 秋田犬の歴史
  • 秋田犬の健康管理
  • 秋田犬のトリミング
  • 秋田犬の食事
  • 秋田犬を飼う準備
  • 秋田犬を飼う環境
  • 秋田犬の飼い方
  • 秋田犬と旅行
秋田犬の健康管理